ティモ(TiMO) 成分

ティモ(TiMO)の成分はいったい何を使っている?

ティモ(TiMO)はどんな成分を使っている?

ティモ(TiMO)は、今話題になっていますが、その成分にはどんなものが含まれているのでしょうか?ティモ(TiMO)の成分を調べてみました。ティモ(TiMO)の成分とその効果を知って、安全に使いたいですよね。

 

ティモ(TiMO)の成分について

ティモ(TiMO)を試してみたいと思っている方も多いですよね。そんな方はティモ(TiMO)の成分が気になると思います。ティモ(TiMO)にはどんな成分が含まれているのか調べてみました。

 

ティモ(TiMO)には、豪華な成分が含まれています。保湿の成分としては、アクアタイドやプラチナマリンコラーゲン、3種のヒアルロン酸が含まれています。

 

エイジングケアの成分としては、フラーレン、植物幹細胞、フィフローBTXです。他にも25種類もの美肌成分が含まれています。

 

グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、プロテオグリカンも含まれています。

ティモ(TiMO)は無添加

ティモ(TiMO)は肌への優しさにこだわっていて、無添加です。

 

エタノール、シリコン、パラペン、石油系界面活性剤、鉱物油、紫外線吸収剤、合成着色料が含まれていませんので、安心して使っていただけます。

 

無添加なので、お肌が弱い方や敏感肌の人でも安心して使っていただけます。

ティモ(TiMO)の効果

ティモ(TiMO)の効果といえば、保湿効果です。しっとりとして、潤いがあるみずみずしいお肌になるために、含まれている3つの成分があります。

 

まず、アクアタイドです。この成分は、2016年にイン・コスメティックス・アジアというアジア最大の化粧品原料展で金賞を受賞した成分です。PM2.5対策の保湿成分です。

 

アクアタイドは、安全性が高くて、保湿力が抜群で、バリア機能も強化されて、花粉やPM2.5などの環境ストレスに対する効果もあります。肌本来がもっている再生力も回復させてくれる画期的な保湿成分です。

 

3種類のヒアルロン酸は、ヒアルロン酸Naと加水分解ヒアルロン酸と加水分解ヒアルロン酸アルキルの3つです。

 

ヒアルロン酸Naは、ヒアルロン酸を外側から補います。加水分解ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸を加水分解して小さくして、角質層に浸透し、水分をキープします。加水分解ヒアルロン酸アルキルは、ヒアルロン酸に油性成分をくっつけて、角質層になじみやすい成分です。角質層に浸透して水分を保持する効果があります。

 

それぞれのヒアルロン酸の働きで、しっかりとお肌を保湿してくれます。

 

プラチナマリンコラーゲンは、超保湿成分です。プラチナコロイドという肌を若々しく保つ成分と海洋性のマリンコラーゲンというハリ成分をヒアルロン酸とともにナノコロイド化したものです。とても優れた保湿効果と製肌作用があります。

 

肌の表面にあるプラチナが一日中素肌を守りながらお肌にうるおいを与え続けます。持続性のある保湿効果を期待することができます。

 

このように、ティモ(TiMO)には、様々な効果が期待できます。その効果はティモ(TiMO)の成分からも分かっていただけると思います。

 

無添加なので、肌が弱い方でも安心して使っていただくことができます。

 

>>ティモ(TiMO)の最安値はこちら